派遣社員というのは、派遣会社(派遣元)に雇用されています。派遣会社に雇用された社員が、派遣先(就労先)で働くことになります。

直接の雇用関係が派遣会社(派遣元)との間にあるため、派遣会社がスポンサーとなり在留資格の申請をするということになります。

在留資格申請の審査については、①本人審査、②派遣会社(派遣元)の審査、③派遣先(就労先の会社)の3つの審査が入ります。

・本人審査 本人の学歴や職務経験

・派遣会社 必要な営業許可を取得しているか等、財務状況など企業としての継続性・安定性。

・就労先 職務内容で、どのような業務を担当するのか。職務内容に関しては、基本的に「専門的・技術的」な職務内容に限られます。