開店したばかりで実績がない状態のため、損益計算を 含めた事業計画書を作成して入国管理局に提出することが必要になります。

オープンしたばかりの店だからといって許可が下りないということはございません。

何名まで呼べるかは、お店の規模、席数、売上、事業計画によって変わってきます。その人数の調理師を雇用する必要 性の証明が必要です。

オープン前でも申請は可能ですが、飲食店営業許可を取得済みであることは申請のため最低条件となります。 
お店については、「外国において考案され我が国において特殊なものについて営業する専門店」が技能ビザ許可を対象となります。そのため、外国料理の専門店であるかどうかが審査ポイントにもなります