中華料理とか韓国料理、タイ料理等の外国人調理師の場合就労ビザは「技能ビザ」といいます。調理師として働くための在留資格です。

技能ビザは「熟練した技能がある」ことが条件となります。

3つのポイントがあります。
①外国人本人に10年以上の実務経験があること

調理師としての実務経験を証明できる在職証明書などで証明します。

実務経験については本当なのかどうか、その店は実在しているのかを調査されますので虚偽申請は絶対に避けてください。

②お店のメニューでコースメニューがあり、単品料理もあること 外国料理専門店であることですね。単なるラーメン店やレンジで温めるだけなどは難しいです。
居酒屋で取りたい!というという問い合わせも多いのでご注意ください。日本式居酒屋では取れません。

③座席数がある一定規模あること
あまりにも小さい店舗では難しくなります。座席(椅子)で20~30席程度あれば基準をクリアできます。