一般には海外にある本社・系列会社から日本へ外国人社員を呼び寄せる場合に企業内転勤ビザを申請します。

業務は『人文知識・国際業務』・『技術』両方の活動内容で仕事ができます。

人事異動で外国から日本へ働きに来る外国人社員が対象となります。

ケース①

各国にまたがり展開する国際的企業において、日本で新たに外国人を採用するよりも、外国人社員を日本に転勤させる場合

ケース②

オフショア開発などの業務を行う会社において、現地の外国人開発責任者を期間限定で転勤によって日本に呼ぶ場合

ケース③

本人が高卒などであるため、「技術・人文知識・国際業務ビザ」の許可基準である学歴の要件を満たしていないが、海外の子会社や関連会社で継続して1年以上勤務した外国人社員を日本に転勤させたい場合