「技術・人文知識・国際業務」の在留資格は主に1年、3年、5年があります。

この期間は更新申請の時に自分でリクエストはできますが、決めるのは入国管理局で、いつも「1年」の人もいれば、いきなり5年をもらえる人もいます。

期間に差が出る主な原因として考えられるのは勤務先会社の業績、本人の日本滞在日数、職務内容、納税状況、本人の素行などが問題になっていると推測されます。

ただ、一般的 に一番多いパターンは初年度は「1年」、次回の更新で「3年」をもらえるパターンが多いようです。


この期間は更新申請の時に自分でリクエストはできますが、

決めるのは入国管理局です。

なぜかいつも「1年」の人もいれば、

いきなり5年をもらえる人もいます。

いつも1年の人は、なんらかの理由があると思われます。

1年しかもらえない主な原因として考えられるのは

勤務先会社の業績、本人の日本滞在日数、職務内容、納税状況、

本人の素行などが問題になっていると推測されます。

ただ、一般的 に一番多いパターンは

初年度は「1年」、次回の更新で「3年」を

もらえるパターンが多いようです。