国際結婚の際、市区町村役場に婚姻届を提出した時に、「受理伺い」になる場合があります。

受理伺いとは役所で受理してもいいか判断ができないため、法務局へ書類が回されることです。法務局で受理の可否の審査が行われることになります。

法務局では夫婦を法務局に出頭させ聞取り調査を行う場合もあるようです。

知り合って結婚に至る経緯や、婚姻要件を満たしているかどうかなどなど

実の結婚かどうかを確認するためです。
受理伺いなるケースとして多いのは、オーバーステイや不法滞在している外国人と日本人の結婚のケース、またあまり一般的でないマイナーな国の外国人と日本人の結婚のケースで受理伺いなる場合があります。

オーバーステイなどで在留資格がなくても入国管理局や警察に通報されることは通常はありません。法務局での審査が終わったら、まず役所に通知が行き、役所から本人に連絡が行きます。

受理されたということになれば 「婚姻届の受理証明書」が手に入りますし、

その1週間前後に後に日本人の戸籍謄本に外国人配偶者の名前が記載されるようになります。