日本人と結婚をしていて「日本人の配偶者等」の在留資格を持っていた方が、日本人と離婚した場合にビザをどうするか?という問題が発生します。

その場合、日本人と結婚して「日本人の配偶者等」で3年以上

在留していたのであれば、離婚しても「定住者」への変更ができます。

離婚後に「定住者」に変更して日本に残りたい場合は、現在の収入の証明や、今後日本でどのように生活していくのか、なぜ日本に残りたいのか、など理由書に合理的・説得的に記載して申請をする必要があります。

ポイント

・日本国籍の子供がいない場合は、同居した結婚期間が最低3年以上必要です。

・日本国籍の子供がいる場合は、結婚期間が1年程度でも可能性はあります。