日本で先に婚姻届を提出し、受理がされましたら、日本では結婚が成立したことになります。

しかし、本国に届出をしないでおくと、外国人配偶者は母国の登録上は独身のままですので、自ら本国に届け出る必要があります。

届出先と届出方法

届出先は、通常外国人配偶者の日本にある大使館(領事館)になります。

提出書類は国によって違いがありますが、通常婚姻の記載のある戸籍謄本か、婚姻届受理証明書です。

現地の母国語への翻訳が必要か、や外務省から認証手続きが必要か、などの確認も必要です。

外務省の認証手続きの方法

外務省の認証とは、戸籍謄本や婚姻届の受理証明に押された

市区町村長の「印」が本物であることを外務省が証明するものです。

基本は日本で先に結婚したら本国にも届け出る必要があるのが原則ですが、

中国やイギリスなど、日本で先に結婚したら届出不要な国もあります。