国際結婚をした場合、外国人配偶者は「日本人の配偶者等」の在留資格を取得します。

在留資格の正式な名称は「日本人の配偶者等」で、「等」がついています。

配偶者だけに限らず「等」の中には子や養子も入る ということです。

1 日本人の配偶者

配偶者とは有効に婚姻している者で、内縁は含まれません。また離婚や死別している場合も含みません。

さらに、有効に婚姻している者でも、同居、相互扶助、社会通念上の夫婦の共同生活を営むといった「実体」がないと在留資格は認められません。

つまり在留資格が許可されないということです。偽装結婚とは、法律上は有効に婚姻していますが、夫婦の実体のないことを言います。

つまり在留資格(ビザ)目的で、法律的に婚姻しただけで夫婦の実体はないということです。ですので、入国管理局は偽装結婚での在留資格取得を防止するために単に結婚をしただけでは在留資格の取得を認めず、夫婦の実体を証明資料と共に説明するように申請者に求めています。