Q12: 在留資格認定証明書交付申請を行いましたが,当該外国人の招聘を取り止め ることとしました。この場合,どのような手続が必要になるのでしょうか。

A12: 申請者の身分事項及び申請番号等を記載した文書(様式任意)を,在留資格 認定証明書の交付申請を行った地方出入国在留管理局宛に提出願います。 提出は来庁されることなく,郵送でも可能です。郵送される場合には,封書 に申請番号を記載願います。

Q13: 在留資格認定証明書が交付されましたが,当該外国人の招聘を取り止めるこ ととしました。この場合,どのような手続が必要になるのでしょうか

A13: 申請者の身分事項及び申請番号等を記載した文書(様式任意)を,在留資格 認定証明書の交付を受けた地方出入国在留管理局宛に提出願います。その際, 可能であれば,交付済みの在留資格認定証明書も併せて提出願います。 提出は来庁されることなく郵送でも可能です。郵送される場合には,封書に 申請番号を記載願います。

Q14: 査証発給後に査証の有効期間が経過し,在留資格認定証明書のみが有効である 場合には,入国することは可能ですか。

A14: 入管法第7条第1項第1号において,「その所持する旅券及び、査証を必要と する場合には、これに与えられた査証が有効であること。」と規定されており, 査証の有効期間が経過しているときは,入国することはできません。 そのため,在外公館において,査証の再申請を行っていただく必要があります。

Q15: 上陸申請時,在留資格認定証明書が有効でなければならないのでしょうか。

A15: 有効である必要があります。