日本でだけ婚姻手続きをしても、相手国では未婚のままの状態です。

「日本人の配偶者等」の在留資格申請にあたっては、両国で婚姻済みであることが基本的要件になります。

日本にふたりが住んでいるなら、まずは日本での婚姻手続きから始めるのが普通です。

ただし、その際には外国人の母国の証明書類が必要になります。

一般的には相手国が発行した婚姻要件具備証明書、出生証明書等、外国人配偶者が独身であることの証明書になります。

それらの書類に日本語の翻訳文を添付し、翻訳者の署名をしなければなりません。

相手国によっては大使館や外務省の認証印が必要になる場合もあります。