日本人同士が結婚した場合は戸籍が一緒になるため、苗字がどちらか一方の苗字に統一され夫婦は同じ名字を使うことになります。

そして国際結婚の場合ですが、外国人は結婚しても戸籍はないため、

日本人は女性でも結婚前の苗字を使い続けることになります。結婚しても苗字は別々になります。

結婚して苗字を統一したい場合は、結婚から6ヶ月以内に「外国人配偶者の氏への氏変更届」を提出することにより、日本人は外国人配偶者の苗字を使うことができます。

戸籍の名前の苗字が変わり、子どもが生まれた場合も、子どもの苗字も親と同じになります。

そして仮に離婚した場合には、自然と元の苗字に戻るわけではありません。

3ヶ月以内に氏変更届けを出す必要があります。

外国人配偶者が苗字を日本人と統一したい場合は、「通称名」の変更申請をすればできます。

これはあくまでも通称名としての位置づけで本名は変わりません。