我が国が承認した外国政府等の発行した有効な旅券を所持して入国し,我が国の在外公館(大使館又は領事館)で発給されたビザ(査証)を所持(国際約束その他により査証を必要としない場合を除く。)し,出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」といいます。)第7条第1項に規定される以下の条件に適合している場合に上陸が認められます。

  1. ア 旅券や査証が有効であること
  2. イ 日本で行おうとする活動が虚偽のものでなく,かつ,在留資格に該当すること
    また,在留資格により上陸許可基準が設けられている場合には,その基準にも適合していること
  3. ウ 申請に係る在留期間が法務省令の規定に適合していること
  4. エ 上陸拒否事由に該当していないこと