我が国に入国を希望する外国人は,入管法で定める在留資格のいずれかに該当する必要がありますが,さらにどのような具体的条件を満たせば実際に入国が許可されるのかが法務省令により定められています。これを上陸許可基準と呼んでいます。基準に適合しない場合は原則として入国できない仕組みになっているため極めて重要なものです。

入国管理法では、外国人が上陸を希望する場合に以下の5つの上陸基準を定めています。

1 有効な旅券及び日本国領事館等が発給した有効な査証を所持していること

2 申請にかかる活動(わが国で行おうとする活動)が偽りのものでないこと

3 わが国で行おうとするかつふぉうが、入国管理法に定める在留資格のいずれかに該当すること。また、上陸許可基準のある在留資格についてはその基準に適合すること

4 滞在予定期間が、在留期間を定めた施行規則の規定に適合すること

5 入国管理法第5条に定める上陸拒否事由に該当しないこと

上陸の申請は出入国港において法務省令で定める手続きで行わなければなりません。また、上陸の申請をしようとする外国人は、原則、入国審査官に対し、個人識別情報(顔写真及び指紋ん)の提供を行わなければなりません。