• ア 旅券や査証が有効であること
  • イ 日本で行おうとする活動が虚偽のものでなく,かつ,在留資格に該当すること
    また,在留資格により上陸許可基準が設けられている場合には,その基準にも適合していること
  • ウ 申請に係る在留期間が法務省令の規定に適合していること
  • エ 上陸拒否事由に該当していないこと

上記アからエに列挙している上陸のための条件のうちイについて適合していることを証明するもので,この証明書を上陸審査の際に提示することで上陸審査がスムーズに行われます。 なお,観光や親族訪問,短期商用などの渡航目的が該当する「短期滞在」の在留資格については,この制度の対象となっていません。