高度専門職1号」として、7種類の優遇制度を受けることができます。

1.入国手続きや在留手続きを優先して処理

2.配偶者の就労の許可

3.在留期間が5年間は許可

4.複数の在留活動の許可(ビザ範囲外でも動ける)

5.一定の条件を満たせば親の日本居住が許可される。

6.一定の条件をクリアすると、家事使用人を海外から連れてくることの許可

7.永住許可が3年で取得できます(80点以上であれば永住許可が1年で取得 

高度専門職2号認定は上記1から6までの優遇措置にプラスで永住権が付与されるものとなっています。

さらに、最初から高度人材ポイントが80点以上取得できていれば、高度専門職第2号認定が1年で取得できるようになります。