70点以上の

高度人材ポイントを取得した外国人は

高度専門職1号と認定されます。

高度専門職ビザをさらに3年保持し続けていれば、

高度専門職第2号へ移行する権利が与えられることになります。

高度専門職第1号は3種類の分類に分かれており、

研究の指導又は教育をする活動である「高度専門職1号(イ)」と

知識や技術を要する業務に従事する活動である「高度専門職1号(ロ)」と

事業の経営や管理に従事する活動である「高度専門職1号(ハ)」の

3種類となります。

この高度専門職第1号は、

同じ機関の同じ仕事内容で継続で勤めている間だけ有効です。

高度専門職第2号を取得するには認定を受ける必要があり申請が

許可されないと高度専門職第2号認定を受けることができません。