外国人留学生が、学校を卒業後も継続して

就職活動を続けたい場合に「特定活動」という

就職活動のためのビザを取得できる場合があります。

外国人留学生も日本人学生と同じく在学中に

就職活動をするのが普通です。

在学中に内定をもらえる人もいれば内定がもらえない人もいます。

※ここでいう外国人留学生は大学院、大学、短大、専門学校生をいます。

日本学校は該当しません。日本語学校生は就職活動のための特定活動ビザは

付与されません。

在学中に内定が決まらずに、日本で就職活動を継続したい場合に、

「留学ビザ」→「特定活動ビザ」に変更することにより、

在留期間6ヶ月の特定活動ビザがもらえる可能性があります。