在留資格技能実習は期限を満了したら一旦帰国し母国で日本で学んだ技能を生かす仕事に就くのが法律上の趣旨です。技能実習生の制度から日本人と結婚した場合、帰国せずに日本人の配偶者ビザへ変更申請が認められるわけではない制度上のルールがあります。したがって留学生や社会人の外国人と結婚した場合の変更申請よりも難易度が上がります。技能実習生の所属する企業や企業を管理する事業協同組合の意向にもよります。よって帰国せず変更申請する場合と、一旦母国に戻って認定申請で呼び寄せる方法がありますが、一旦母国に帰って認定申請で呼び寄せる方法が確実です。