扶養の意思があり、実際に扶養が可能であることが必要です。資金的証明が必要になります。そして配偶者が現在扶養を受けていること、子供が監護、教育を受けていることが必要です。家族滞在ビザ取得の対象は就労系ビザをもつ外国人の配偶者と子になります。