事業を営むための事務所、店舗が日本に確保されていること、経営者以外に2人以上の日本に居住する者(日本人、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者)で常勤の職員が従事して営まれる規模のものであること 2人以上の社員の雇用については、新規事業を開始する場合の投資額が年間500万円以上ある場合は2人以上の社員の雇用がなくても許可になります。資金をどのように準備したのかの説明も必要になります。 必要な営業許可を取得済であること、必要な税金関係書類を申請済であること、事業の安定性・継続性を説明した事業計画書を作成することも条件になります