日本で会社を経営する場合技術・人文知識・国際業務や技能、家族滞在、留学、特定活動のビザのまま会社経営をすることは違法となります。新しく会社を立ち上げる場合だけでなく、既存の会社の役員になったり、買収した場合でも取得できます。