本人の学歴、専攻分野が入社する会社の職種と関連性がある場合は、就労への在留資格変更が出来る可能性があります。