原則として短期滞在から他の就労ビザへの変更は認められていません。そのため、ノービザで来日した際に就職先が見つかり就労ビザを取りたい場合在留資格変更許可申請は出来ません。この場合は在留資格認定証明書交付申請を行うことになります。短期滞在とは別の手続きでので、この申請が受理されても短期滞在の期限が切れる前に出国しなければなりません。認定証明書が許可されたら、それを本国に送ってもらい本国の日本大使館で手続きし来日するのが正規の手続きとなります。 ただし、短期滞在の期間内に在留資格認定証明書が交付された場合、例外として短期滞在から在留資格変更許可申請が可能になります。在留資格変更許可申請書に交付された認定証明書を添付して申請します。この場合変更申請になりますので、申請受理後は短期滞在の期限がきれても結果が出るまで日本に滞在できます。