就労系の在留資格を持って働いている外国人は日本人と結婚したからといって「日本人の配偶者」へ変更しなくても違法ではありません。ただ、就労系の在留資格は日本で生活する上で就労上の制限があったり永住申請や帰化の申請にあたり条件のハードルが上がったりしますので、「日本人の配偶者等」へは早めに変更手続きをとっておいたほうが良いと思います。