日本人と結婚して、外国人が日本に住むには「日本人の配偶者」というビザをとる必要があります。 「婚約者」ではとれませんので必ず入籍する必要があります。 ビザは入籍してから申請する手続きになります。なので入籍したのにビザが不許可になる可能性もあります。 結婚自体は手続き的に必ずできますが、結婚ビザ、配偶者ビザは結婚したからといって必ずもらえるわけではないです。 なぜ不許可になる可能性があるかというと審査で落とされるからです。入国管理局の審査で。ビザ目的の偽装結婚が多いからです。 ですから正真正銘の結婚であって、偽装結婚でないことを判断してもらうために、ちゃんと資料を準備して申請する必要があります。偽装結婚でないということを自分で証明する必要があります。 この自分で説明したり証明したりするやり方や、方法がよくないと偽装結婚じゃないのに、不許可になってしまうにが結婚ビザ、配偶者ビザです。そしてアジアの方との結婚の方が欧米の方との結婚に比べて審査が厳しいとは思います。 申請の説明責任は自分にある、丁寧に説明してそれを証明しなければならないということを念頭に置き手続きを進める必要があります。