Just another WordPress site

帰化申請 福岡

  • HOME »
  • 帰化申請 福岡

帰化の条件

帰化申請をするためには、原則として、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 引き続き5年以上日本に住所を有すること(住所条件)        日本に住所を有するとは、在留資格を取得して在留し、かつ、生活の根拠があることをいいます。
  • 20歳以上で本国法によって行為能力を有すること(能力条件)
  • 素行が善良であること(素行条件)                 犯罪歴の有無や、納税状況などを総合的に考慮して判断されます。
  • 自己又は生計を同じくする配偶者、親族の資産や技能によって生活することができること(生計要件)                    外国人自身に収入がなくても、配偶者や親族の資産や技能で安定した生活を送ることが出来れば、この条件を満たすことになります。
  • 無国籍であるか、帰化によってそれまでの国籍を喪失すること(重国籍防止条件)                             帰化申請が許可されてから本国の国籍を離脱することになります。
  • 政府を暴力で破壊することを企て、もしくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと(憲法遵守条件)

要件の緩和

一部の外国人は、条件が緩和される場合があります。

  • 住所条件のみの緩和                        次のいずれかに該当する場合は緩和されます。
    • 日本国民であった者の子(養子は除く)で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有するもの
    • 日本で生まれた者で引き続き3年以上日本住所又は居所を有し、又はその父若しくは母(養父母を除く)が日本で生まれたもの
    • 引き続き10年以上日本に居所を有するもの
  • 住所、能力条件の緩和                                日本人の配偶者である外国人の場合は、次のいずれかに該当する場合は緩和されます。                           引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するもの                             婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するもの
  • 住所、能力、生計条件の緩和

次のいずれかに該当する場合は緩和されます。

 日本人の子(養子は除く)で日本に住所を有するもの           日本人の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時に本国法で未成年であったもの日本国籍を失った者(日本に帰化した後に日本国籍を喪失したものを除く)                             日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍をゆうしないもので、その時から引き続き3年以上日本に住所を有するもの

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。相談無料 TEL 090-7926-4697 9:00ー19:00(土、日、祝日対応)

カレンダー

2020年11月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »